パーキンソン症候群

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→
無添加100%ムクナ豆のたっぷく本舗

「パーキンソン症候群」とは、パーキンソン病の症状として良く知られている①安静時震戦 ②固縮 ③無動 ④姿勢反射障害のうちの二つ以上の症状が現れる病気や症状の総称です。それぞれの病気や症状を発症させる原因は異なり、その特性から一次性と二次性に分類され治療方法も違います。

パーキンソン病とパーキンソン症候群は何が違うの?
パーキンソン病とパーキンソン症候群は同じような名前なので混同しがちですが、分り易く図式化すると次の図のとおりです。パーキンソン病は、パーキンソン症候群のひとつですが、パーキンソン症候群のどれかの病状が進行した結果で発症するものではありませんし、原因も違います。

パーキンソン病と他のパーキンソン症候群の特徴的な違いは、パーキンソン病では症状の出方に体の左右差があることとそれが徐々に進行していくこと。また、脳のMRIで異常がないが、MBG心筋シンチグラフィに異常があることなどです。


ページのトップへ戻る