パーキンソン病

震え、筋肉のこわばりのパーキンソン病の症状でお困りのあなたへ。
パーキンソン病薬をお考えの方へ耳よりな情報です→
無添加100%ムクナ豆のたっぷ く本舗

①パーキンソン病
どんな病気?
脳内にある神経伝達物質であるドーパミンが不足することにより、脳からの指令が筋肉に十分に伝わらなくなり体が思うように動かなくなる病気です。
中脳にある黒質神経細胞は、Lドーパを原料にして神経伝達物質であるドーパミンを作っていますが、この細胞が変性して線条体のドーパミンが減少する進行性変性疾患です。

パーキンソン病の発症年齢は50歳代前半から60歳代前半が最も多いと言われていて、女性の方が発症しやすい傾向があることは厚生労働省の統計資料からも明らかです。また、もっと早くから発症する若年性パーキンソン病もあり、日本では15万人程度の患者がいると言われています。

さらに、一般的に脳内のドーパミン量は加齢とともに減少する傾向にあるので、高齢化が進む日本では患者数は今後益々増加するだろうと予想されています。

どんな症状が出るの?
震戦、筋固縮、動作緩慢、姿勢反射障害が4大症状とされ、初期にはふるえ、手足のこわばり、ぎこちない歩き方などが目につきます。一般に片側の手または足から発症し、だんだん反対側に及びますが、病状の左右差は長く続くケースが多く見られます。

表情の変化が乏しくなり、言葉も単調で低音となり、すくみ足で歩くなど、動作の自然さが失われていきます。バランスを崩して転倒することも多く、末期には寝たきりになりがちです。

何が原因でそうなるの?
パーキンソン病が発症する直接の原因は、脳内の神経伝達物質であるドーパミンが不足することです。そのために脳の指令が体の筋肉に十分に伝わらずに体の動きがコントロールできなくなる症状が発生します。

これがパーキンソン病です。では、なぜ脳内のドーパミンが不足するのかというと、ドーパミンを作り出す脳内の黒質細胞が減少して十分なドーパミンが作り出せなくなるからだと説明されています。ここまでは明らかにされているのですが、根本的な「では、なぜ脳内の黒質細胞が減少するのか?」の理由については、残念ながら現段階では解明されていません。

どんな治療法があるの?
体の動きを少しでも良くするためのリハビリを含む適切な生活指導や薬物療法を選択します。根本的な原因が解明されていないので対症療法として「ドーパミンを増やして運動能力を維持する」方法が主に取られています。

その代表格は不足しているドーパミンを増やすためにその原料になる薬を投与することです。それはLドーパ(レポドパ)と呼ばれていて効果が顕著であるためにパーキンソン病の特効薬としてよく利用されています。

それ以外にはドーパミン受容体刺激薬などを併用し、症状に合わせて上手に治療していく必要があります。しかし、これらの薬は長期間(2~3年程度)服用していると副作用が出てきて患者さんは苦しい思いを強いられることが多くあります。


ページのトップへ戻る